令和4年6月1日より、保育所等訪問支援を始めます。

児童発達支援・放課後等デイサービス スキップでは、令和4年6月1日より保育所等訪問支援を開始しました。

保育所等訪問支援とは

児童福祉法に基づくサービスで、児童発達支援や放課後等デイサービスと同じ「障害児通所支援」の一つです。
保育所(保育園)や幼稚園、小学校など、お子さまが普段通っている施設に支援員が訪問し、集団生活への適応をポートします。

保育所等訪問支援の対象となる施設

保育所等訪問支援では、以下のような「お子さまの集団生活の場」への訪問が可能です。

  • 保育所(保育園)、幼稚園、認定こども園、小学校、特別支援学校
  • 乳児院、児童養護施設
  • その他児童が集団生活を営む施設として市町村が認める施設(放課後児童クラブなど)

支援の内容

支援の内容は、大きく分けて3つです。

お子さまへの支援

園や学校など、お子さまの集団の生活の場に訪問支援員がうかがいます。集団の中で、お子さまの困りごとに対して直接働きかけます。

園や学校との連携

訪問先の職員の方と、お子さまについて情報を共有し、よりよい支援の方法を探ります。

保護者の方との情報共有

訪問先でのお子さまの様子や、実際に行った支援の内容を書面でご報告いたします。

スキップの保育所等訪問支援

実施日時

水・金 9:30〜12:30/13:00〜16:00

*訪問先施設の都合により、月・火・木へも変更可

訪問支援員について

スキップの職員(保育士、児童指導員、児童発達管理責任者)が、お子さまがお通いの施設に訪問します。

利用方法

「スキップの保育所等訪問支援を利用したい」という方は、お問い合わせフォームもしくはお電話(054-200-0020)にてご連絡ください。